店長ウメもも日記

安倍川餅「石部屋」さん

NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」を観ていつか行ってみたいと思っていた、
静岡市葵区にある安倍川餅のお店「石部屋セキベヤ」さんへ行ってきました。


安倍川餅の石部屋(せきべや)さんの外観


文化元年(1804年)創業の石部屋さんは、歌川広重の浮世絵「東海道五十三次」に
描かれていたお店だそうです。
趣のある外観、店内の壁には昔のお店の写真などが飾られていて歴史を感じます。

安倍川餅の石部屋(せきべや)さんの店内


店主さんと鶴瓶さんのツーショット写真もしっかり飾ってありました(^_^)
土間には茶店風の長椅子が設けられていて、正面の一段高い場所には10人くらい座れそうな座敷があり、
店内の片隅にある木枠のショーケースの中には、きな粉とこし餡がセットになった「安倍川餅」と、
わさび醤油で食べる「からみ餅」のサンプル。もうこの雰囲気だけでも美味しそう。
もちろん両方いただきました。

↓からみ餅。
わさび醤油でいただく「からみ餅」

あたたかくてとってもやわらかいお餅は、わさび醤油とも相性バツグンで想像通りの美味しさ。

↓安倍川餅。
白砂糖のきなことこし餡の「安倍川餅」
これまたやわらかなお餅に白砂糖がかかったきな粉が香ばしく、
こし餡は小豆がしっかり味わえる懐かしい味で、昔おばあちゃんが作ってくれた餡子を思い出します。

作りたての安部川餅が食べられるお店が近くにもう2軒あるという情報を得ていたのですが、
現在営業されているのはこの石部屋さんだけみたいで、貴重なお店になってしまったようです。
またいつか必ず行きます!!

2019.1.31

楽天ID決済

熱中症対策 ドリンク

夏のルイボスティー

ルイボスティー商品 お客様の声

ルイボスティーレシピ

営業日カレンダー
  • 今日
  • 休業日

プライバシーポリシー
弊社は個人情報を保護するための適切な体制を整備し事業を行っております。尚、ご注文時及びお問い合わせ等のお客様との全てのメール受送信等にSSL暗号化システムを採用しております。

QRコード

ページトップへ